【おいしいアンケート】
お菓子ジャンル別
お菓子な新着レポ
毎日チェック
お菓子なあなたへ
お菓子な履歴
お菓子な娘

お菓子な娘

Author:お菓子な娘
周りが言うには『天然系少女』

お菓子を探す
RSSリンクの表示
QRコード
QR
菊水 ソース焼そば

 FC2 おやつスイーツランキング
01-DSC_1385.jpg

ソース焼そば
(菊水) 84円

【送料無料】強いコシで歯ごたえのある富士宮やきそば

「弾力とコシのある中太麺!」

<1食(143g)当たり>
カロリー227kcal たんぱく質7.7g 脂質2.9g 炭水化物42.3g
むし中華めん


02-DSC_1386.jpg

袋の裏面に作り方の記載。

03-DSC_1387.jpg

1袋286g(めん重量135g×2)と粉末ソース添付で、一応2人前。

自分はフッ素樹脂加工のフライパンに少量の水を熱し、
レンジで30秒温めた麺を入れてよくほぐしたら、
ザクザク切った野菜を加えて全体を混ぜ合わせ、
麺の食感が損なわれないうちにササッとお皿へ。

04-DSC_1388.jpg

ノンオイルの肉無しでも香りはソース焼そば。

05-DSC_1389.jpg

粉末ソースは、
「スパイスがピリッときいた、コクと甘みのある焼そばソース」。

06-DSC_1390.jpg

全然ピリッとはしないけど、香辛料っぽいアクセントがほんのり。
特にコクって感じないけど、確かに甘みはある仕上がり。

ほとんど辛くなく香辛料もかすかなもので、子どもにも食べやすい。
大人には優しいだけじゃなくわずかでも香りが嬉しいアクセント。

07-DSC_1391.jpg

麺は、「厳選された小麦粉を使用し、
当社独自の製法により弾力、コシのある食感に仕上げた中太麺」。

08-DSC_1392.jpg

程よくやわらかくなった蒸し麺から、
厳選素材や独自製法の効果は感じられず。

09-DSC_1393.jpg

小麦の風味や食感さえ求めなければ、
ソースとの相性に間違いなく、
具材ともよく馴染む麺に大きな問題はない。

10-DSC_1394.jpg

何グラムが一食分なのかは人によって違うもの。
二玉をペロリと食べちゃう人も少なくないので安心して。
ただ、カロリー制限がある方は、くれぐれも気をつけて。


【レストラン仕様】ソース焼きそば

ソース味 ★★★
麺 ★★☆
満足度 ★★☆
スイーツブログランキング
FC2 おやつスイーツランキング
>>続きを読む
めん類 | 【2018-06-13(Wed) 22:49:52】 | Trackback(-) | Comments:(0)
日清食品 レッドシーフードヌードル

 FC2 おやつスイーツランキング
10-DSC_1259.jpg

レッドシーフードヌードル
(日清食品) 149円

日清食品のいろんなカップヌードル。

「ポークとうまみをきかせたシーフードスープに、唐がらし、黒胡椒でアクセントを加え、
食欲をそそる“辛うまスープ”に仕上げました。」(プレスリリースより引用)

<1食(75g・めん60g)当たり>
カロリー348kcal たんぱく質9.3g 脂質14.7g 炭水化物44.6g
(めん・かやく…308kcal、スープ…40kcal)
即席カップめん


11-DSC_1260.jpg

カップヌードルの大きな魅力、オールインワン!

12-DSC_1261.jpg

熱湯を注いで(目安310ml)、待つこと3分。

よくかき混ぜていただきます。

14-DSC_1263.jpg

スープは、
「ポークと魚介のうまみをきかせたシーフードスープに、
唐辛子、粗びき黒こしょうで辛味のアクセントを加えた“辛うまスープ”」

16-DSC_1265.jpg

辛味がゆっくりじんわり、心地いいヒリヒリ感。
黒こしょうは感じないけど、唐辛子が活躍してる。

17-DSC_1266.jpg

あまり辛くなければいいと思っていた人には結構なもの。
ほとんど辛くないだろうとあきらめていた人にはなかなか。
どんだけ辛いんだと楽しみにしていた人には全然大したことない。

15-DSC_1264.jpg

旨味が後からほんのり、だけど得られないシーフード感。
ポークや魚介はわからないけど、辛うまさが食欲そそる。

13-DSC_1262.jpg

具材は、
「イカ、キャベツ、たまご、カニ風味かまぼこ、ネギ」

18-DSC_1267.jpg

たまごはふわふわ多め、カニかまは少なく貧弱。

19-DSC_1268.jpg

彩りでしかないネギ。

21-DSC_1270.jpg

キャベツは完全やわやわ。

20-DSC_1269.jpg

シーフードはイカ一種類で、量も質も残念。

22-DSC_1271.jpg

麺は、
「カップヌードルならではの、しなやかでコシとつるみのある麺。」

23-DSC_1272.jpg

最初から柔くて細くて平たく、あまりに悲しいヒラヒラ感。
万歩くらい譲れば、しなやかさやつるみはあると言えるけど、
何をどんなに譲ってもコシがあるなんてお世辞にも言えない。

24-DSC_1273.jpg

だけどそれは承知済みで、今始まったことじゃない。
この麺を「カップヌードルならでは」だと楽しむファンも大勢。
麺には力強さを求める自分の好みに合わないだけだ。

何の旨味がきいているか、何がアクセントになっているのか、
あまり深く追求しなければちゃんと辛うまなスープを楽しめる。


甘えび香味らうめん

辛うまスープ ★★★
具材 ★★
麺 ★
満足度 ★★★
スイーツブログランキング
FC2 おやつスイーツランキング
>>続きを読む
めん類 | 【2018-05-23(Wed) 21:20:58】 | Trackback(-) | Comments:(0)
日清食品 日清麺職人 名古屋台湾ラーメン

 FC2 おやつスイーツランキング
60-DSC_1040.jpg

日清麺職人 名古屋台湾ラーメン
(日清食品) 180円

日清麺職人 ラインナップ!

「肉の旨みが効いた旨辛スープ」

<1食(88g・めん65g)当たり>
カロリー325kcal たんぱく質9.4g 脂質5.9g 炭水化物58.6g
(めん・かやく…273kcal、スープ…52kcal)
即席カップめん


店によって違いがあれど、一般的な「台湾ラーメン」は鶏ガラスープに、
麺の上に炒めたひき肉とニラがどっさり、唐辛子たっぷり。
激しすぎる辛さに最初は涙ぐみせき込むものの、慣れると刺激にヤミツキ。

名古屋市にある中国台湾料理店『味仙』のご主人が、
出身地でもある台湾で小皿に盛って食べる「台仔(たんつー)麺」を、
激辛にアレンジして出したのが始まりなんだとか。

【名古屋名物】味仙 台湾ラーメン

61-DSC_1041.jpg

かやくと、後入れの粉末スープと調味オイル。

62-DSC_1042.jpg

ノンフライ・中細ストレート麺。

63-DSC_1043.jpg

麺の上にかやくをあけて熱湯を注ぎ(目安410ml)、待つこと4分。

64-DSC_1044.jpg

めんを軽くほぐして粉末スープと調味オイルを加え、よくかき混ぜていただきます。

65-DSC_1045.jpg

辛い旨い辛い旨い辛い旨い辛い旨い。
二つの単語が頭の中を行き来する。

66-DSC_1046.jpg

辛いんだけど旨いんだ。
日本の調味料ではなし得ない旨辛さ。

73-DSC_1053.jpg

これは少し冷ましてから食べた方が良い。
強烈な辛味に口や喉が焼かれるよう…
ではなく、熱湯だと本当に焼かれかねない。

67-DSC_1047.jpg

味が濃いというより、なんといってもとにかく旨い。
くどくなりそうでならないのは、麺のノンフライ効果。
自分は油揚げ麺派なので今度はぜひフライ麺で…と思う一方、
くどさは気にしないけど必然的に高くなるカロリーが気がかり。

68-DSC_1048.jpg

ニラは臭みが無く、ただの彩り。
だけど味付豚ミンチはちゃんと肉。

69-DSC_1049.jpg

麺はノンフライならではのツルツル感。
生めんというにはモチモチ感と小麦の香りが足りない。

70-DSC_1050.jpg

好みの中細タイプながら伸びにくいのはさすがノンフライ。
どこが職人?という印象は、今に始まったことじゃない。

71-DSC_1051.jpg

自分に最重要な麺は生めん風でも職人仕上げでもないけど、
ノンフライ麺としては十分で好みの細さなので文句ない。
何より今回はとっても旨辛なスープが気に入りすぎた。

72-DSC_1052.jpg

辛いのが少しでも苦手ならおすすめしないのは当然、
少しくらいなら大丈夫だという人も避けた方が無難。

74-DSC_1054.jpg

もっと勧められないのは本物の台湾ラーメンを知る方々。
確かに辛いけど咳き込むまでには全く至らず、肉もニラもほんのわずか。
それでも「インスタントだから」と割り切れる方は、試す価値あり。

寿がきや 台湾ラーメン ピリ辛醤
ニュータッチ 名古屋発 台湾まぜそば
東洋水産 マルちゃん やみつき旨辛 辛赤 名古屋台湾ラーメン
ヤマダイ 凄麺 名古屋台湾ラーメン


ゴマの香り豊かなタレがもっちり麺によく絡み絶品!
台湾 汁なし担々麺

スープ ★★★★
麺 ★★★
満足度 ★★★☆
スイーツブログランキング
FC2 おやつスイーツランキング
>>続きを読む
めん類 | 【2018-04-29(Sun) 22:58:27】 | Trackback(-) | Comments:(0)
次のページ