fc2ブログ
お菓子ジャンル別
お菓子な新着レポ
毎日チェック
お菓子なあなたへ
お菓子な履歴
お菓子な娘

お菓子な娘

Author:お菓子な娘
周りが言うには『天然系少女』

お菓子を探す
RSSリンクの表示
QRコード
QR
販売者:三幸/製造所:野島食品 なま酢 巾着

 FC2 おやつスイーツランキング
20240113_092513_1_1.jpg

なま酢 巾着
(販売者:三幸/製造所:野島食品) 214円

御昆布だいこん、松本さんちの白菜キムチ、野菜村からのお漬物...
お漬物 よりどり5個自由に選べる詰め合わせセット

「生大根、生人参をあっさりした甘酢で風味豊かに漬け込みました。」

「生大根、生人参を食べ易く千切りにして、あっさりした甘酢で仕上げました。
水洗いせず、そのまま又はきゅうりの輪切り等と和えて、お召し上がりください。」

<100g当たり(内容量240g(固形量140g))>
カロリー42kcal たんぱく質0.4g 脂質0.0g 炭水化物10.0g 食塩相当量1.4g
酢漬(刻み)


国産原料を使用した生酢。

ちなみに、「雪の宿」等でおなじみの三幸製菓と資本関係はないが、
企業自体は三幸製菓の創業者の実家が経営しているらしい。


もともと「なます」とは、生肉を刻んだものを指した言葉で、
“なま(生)”+“しし(肉)”が転じて「なます」になったとされる。
「なます」にも色々あり、「膾」は肉入り、「鱠」は魚入り、
野菜や果物だけのものが「精進なます」と呼ばれる。

紅白の見た目がお祝いの水引をイメージさせることから、
おめでたい席に並ぶ料理のひとつとなり、おせちでは一家の平和を祈願する縁起物。

氷頭なます(ヒズナマス)

ちなみに北海道では、鮭の鼻の軟骨“氷頭”を入れた「氷頭なます」が有名。
長崎県ではくじら、兵庫県では酢で〆た鯖、奈良県では柿など地域によって様々。
さらには、煮たり炒めたりした「煮なます」や彩り良い「五色なます」なども。

20240113_092537_1_1.jpg

裏面に原材料名や栄養成分表示など。

20240113_092548_1_1.jpg

甘味と酸味が絶妙バランス。

20240113_092554_1_1.jpg

しっかりと甘味がありつつ、お酢もよく効いていてさっぱり。

20240113_092600_1_1.jpg

素材の風味も豊か。

20240113_093110_1_1.jpg

大根は少し太めで歯ごたえ抜群。
柔らかながらコリコリ感を楽しめる。

20240113_093127_1_1.jpg

人参は極細で量も少なく、さりげない彩り。

20240113_093132_1_1.jpg

甘ったるいのが嫌な人にも好まれそう。


甘酢風味に漬けた爽やかな口あたり...
大根・胡瓜・パプリカの甘酢キムチ


金時人参使用 色鮮やかで高級感あふれる...
京なま酢【ナマス/なます/生酢】

甘酸っぱさ ★★★
食感 ★★★☆
満足度 ★★★
スイーツブログランキング
FC2 おやつスイーツランキング
>>原材料など
お惣菜 | 【2024-02-21(Wed) 23:20:11】 | Trackback(-) | Comments:(0)
香貴 まろやか生酢

 FC2 おやつスイーツランキング
20240102_090804_1_1.jpg

まろやか生酢
(香貴) 321円

無添加の味がよくわかる 優しい...
【訳あり】 甘酢白たくあん 大根甘酢漬

「シャキッとした歯ざわりとさわやかなおいしさをご賞味ください。」

<100g当たり(内容量230g)>
カロリー42kcal たんぱく質0.3g 脂質0.2g 炭水化物9.7g 食塩相当量0.8g
酢漬(刻み)


北海道産大根と国産人参を使用した生酢。

もともと「なます」とは、生肉を刻んだものを指した言葉で、
“なま(生)”+“しし(肉)”が転じて「なます」になったとされる。
「なます」にも色々あり、「膾」は肉入り、「鱠」は魚入り、
野菜や果物だけのものが「精進なます」と呼ばれる。

紅白の見た目がお祝いの水引をイメージさせることから、
おめでたい席に並ぶ料理のひとつとなり、おせちでは一家の平和を祈願する縁起物。

氷頭なます(ヒズナマス)

ちなみに北海道では、鮭の鼻の軟骨“氷頭”を入れた「氷頭なます」が有名。
長崎県ではくじら、兵庫県では酢で〆た鯖、奈良県では柿など地域によって様々。
さらには、煮たり炒めたりした「煮なます」や彩り良い「五色なます」なども。

20240102_090811_1_1.jpg

原材料名や栄養成分表示など。

20240102_090937_1_1.jpg

パックの中に袋入り。

20240102_091019_1_1.jpg

中の袋には切込みが入っていて開けやすいんだけど、
外容器のフタが少し開けづらい…って不器用な自分だけ?

20240102_093743_1_1.jpg

液を捨てて計量してみると、記載通り230g前後。

20240102_093757_1_1.jpg

自分で作るとどうしても控えたくなる甘さがしっかり。
…といっても甘すぎるほどじゃない。

20240102_093802_1_1.jpg

お酢もしっかり効いていて、酸味と甘味が程よいバランス。
甘くてまろやかでありつつ、酸っぱみが爽やかな甘酸っぱさ。

20240102_093815_1_1.jpg

大根はシャキシャキと歯ざわり良く、しんなりしていながら程よい歯ごたえ。

20240102_093847_1_1.jpg

人参は柔らかでごくたまにごくごくほんのり香る。

20240102_093855_1_1.jpg

味付けも食感もベストバランス。
箸が止まらなくていくらでも食べたくなる。


国産野菜を使用し、シャキシャキとした食感...
みかんなます


甘酢でさっぱりと仕上げた...
紅白なます お惣菜

甘酸っぱさ ★★★
食感 ★★★
満足度 ★★★
スイーツブログランキング
FC2 おやつスイーツランキング
>>原材料など
お惣菜 | 【2024-02-12(Mon) 23:12:16】 | Trackback(-) | Comments:(0)
販売者:G7ジャパンフードサービス/製造者:小泉食品 五目ひじき煮

 FC2 おやつスイーツランキング
20231203_090557_1_1_1.jpg

五目ひじき煮
(販売者:G7ジャパンフードサービス/製造者:小泉食品) 410円

ひじき煮やふきかつお等 12種類から選べる...
昔懐かしい味のお惣菜セット

「そのままでも、温めても、美味しい♪
昔懐かしいおふくろの味、煮物のお惣菜です。材料にこだわりじっくり煮込みました。
細めのひじきに人参、ごぼう、こんにゃく、椎茸を加え、味付けは甘めに仕上げました。
味がよくしみ込んでいます。」(販売サイトより引用)

>>購入はこちら

<100gあたり>(内容量200g)
カロリー79kcal たんぱく質2.8g 脂質0.9g 炭水化物14.7g 食塩相当量1.4g
そうざい


製造者である小泉食品は1964年に創業、
かまぼこの製造を主にしていたのが、平成に入りレトルト食品の製造を開始。
本社が震災の津波被害を受けたことからかまぼこ製造を廃業し、
現在はレトルト食品の製造に力を注いでいるという。

20231203_090606_1_1_1.jpg

袋の表面に原材料名や栄養成分表示など。

開封する前に、中身を開け口の切込みより下に行くようにした方が良い。

20231203_090759_1_1_1.jpg

ひじきに人参、ごぼう、蒟蒻、椎茸、油揚げという5種具材入り。

20231203_090810_1_1_1.jpg

甘めの味付け、油不使用で優しい味わい。

20231203_090855_1_1.jpg

ひじきは産地や天然か養殖によって品質が違い、
本品に使われている韓国産は90%以上が養殖で、
太めで固めのしっかりとした歯ごたえが特徴。
ほとんどが天然物の国産と比べると風味に欠ける。

本品は韓国産を使用しているけど特徴とされる固さはなく、
少しビックリするくらい柔らかで少しボソツキある食感。

ひじき独特の臭み、磯っぽさも無いので誰にでも味わいやすい。
ただ、ひじきらしい風味を求める方には少し寂しいかもしれない。

20231203_090829_1_1_1.jpg

炒められてない中で、油揚げが程よくコクを出す。
5種ともハッキリ見えるけど、それぞれの味はあまりしない。

20231203_090925_1_1.jpg

全体的にとても柔らかで、ひじきと具材が一体化。

材料へのこだわりはよく感じ取れないけれど、
しっかり染み込んだ味と柔らかさでじっくり煮込まれているのがよくわかる。

20231203_090908_1_1.jpg

子どもやお年寄りにも食べやすい仕上がり。

常温で長期保存可能なレトルトパウチは便利なんだけど、
このサイズだと中身を最後までキレイに出しにくい。
甘めの味付けは好きなんだけど柔らかすぎな食感と、
値段の高さがネックで値引き品じゃないと手を出しにくい。


和風だしが効いた優しい...
五目ひじき煮【無添加】


ひじきと彩り良い野菜をしっとり炊き上げ...
便利なひじきと野菜の彩り煮

味付け ★★★
柔らかさ ★★★★
具材感 ★
満足度 ★★★

>>購入はこちら
スイーツブログランキング
FC2 おやつスイーツランキング
>>原材料など
お惣菜 | 【2024-01-17(Wed) 22:23:10】 | Trackback(-) | Comments:(0)
次のページ