2013/03/31.Sun

【北かり】三葉製菓 やさいのかりんとう あずき


 FC2 おやつスイーツランキング



【北かり】やさいのかりんとう あずき
(三葉製菓)


【送料無料】15種類のかりんとう全部込み

<1袋(60g)当たり>
カロリー不明
かりんとう





小豆色のかりんとうが約71本。

色は小豆、味は全く。
おもしろいくらい小豆じゃない。




ほうれんそうかぼちゃのことがあるので、
最初からほとんど期待はしていなかった。

がっかりというよりやっぱりだけど、
それにしてもこの薄さは予想以上。




小豆のかりんとうもあまり見かけないけど、
こんなに素材の味がしないのも滅多にない。
一度でも少しでも、小豆を感じたかった。
だけど何度よく噛みしめてもダメだった。




ほんのりでも小豆を感じれる人がいたら
すごくうらやましい(´・ω・`)




食感はほっくり柔らかい。
一本一本は小さめサイズ。
食べやすさ重視ならマル。




甘すぎるかりんとうが嫌な人なら、
強すぎない甘味を気に入るかも。
何より小豆を楽しみにしていたら、
あまりに弱すぎる小豆に気が滅入る。


北海道産あずき入りで新食感
【完熟かりんとう】

小豆度 ゼロ
甘さ ★★★
柔らかさ ★★★☆
満足度 ★



スイーツブログランキング
FC2 おやつスイーツランキング
>>続きを読む
北海道土産 | Comments(0)
2013/03/31.Sun

【北かり】三葉製菓 やさいのかりんとう かぼちゃ


 FC2 おやつスイーツランキング



【北かり】やさいのかりんとう かぼちゃ
(三葉製菓)


赤字覚悟の詰め合わせ 全15種類

<1袋(60g)当たり>
カロリー不明
かりんとう





ミニサイズのかぼちゃかりんとうが約65本。

野菜かりんとうの定番・かぼちゃ。
かぼちゃかりんとうは何度も食べてるけど、
かぼちゃを味わえたことは、一度もない。




ほうれんそうのことがあるので、
今回も期待しない方が良さそう。




10回に1回くらいかぼちゃ。
それも遥か遠くごくわずか。
よく気をつけていないと、
気づかず通りすぎる薄さ。




そんな後ろに引っ込んでいるんじゃないと、
腕をつかんで前に引っ張り出したくなる。
主役なんだから主役らしくしていなさいと、
堂々と胸を張れる自信をもたせたくなる。




だけどかぼちゃはビクとも動こうとしない。
前にも出ないしこちらに近づきもしない。
自信を持ち強くなることもなく、弱いまま。




最後に残るのは、甘さだけ。
かぼちゃの面影は一つもない。
期待していなかったとはいえ、
こんなに予想通りじゃなくてもいいよね。


香るごぼうの風味
きんぴらごぼうかりんとう

甘さ ★★★
かぼちゃ ★
満足度 ★☆



スイーツブログランキング
FC2 おやつスイーツランキング
>>続きを読む
北海道土産 | Comments(0)
2013/03/30.Sat

【北かり】三葉製菓 やさいのかりんとう ほうれんそう


 FC2 おやつスイーツランキング



【北かり】やさいのかりんとう ほうれんそう
(三葉製菓)


要注意!一度食べると抜け出せない

「北海道産の4種類の野菜を原料に独自の製法で
美味しい"かりんとう"をつくりました。」

<1袋(60g)あたり>
カロリー 不明
油菓子





1袋60g入りが4袋で1箱240g入り。
あずき・かぼちゃ・さつまいも・ほうれんそうの4種詰め合わせ。
トップバッターにはほうれんそうをいただきます(´・ ω ・`)




他メーカーが作るほうれん草入りかりんとうは食べたことがある。
何度も食べてきた中で、ほうれん草を感じたことは一度もない。
だけどそれはおそらく、いろんな味の中に混ぜられていたから。
こんな風にほうれんそう味だけを、集中的に味わえばきっと…。




緑色を目に焼き付けて、ほうれん草に意識を集中させてみた。
その甲斐もなく、どんなに集中してもほうれん草じゃない。
それでも諦めず食べ進めれば、少しはそれらしさをつかめるかも。




淡い期待も叶うことなくかすりもせず、諦めも肝心だと知った。

くどくはないけどあっさりと言うには、甘さが強い。
それも黒糖やざらめなどの甘さなら嬉しいけれど、ただ甘い。
おまけにほうれん草の味もしないのだから、困り果てる。




細い体はほっくりソフト。
食べやすさの点では優秀。
噛みごたえの点では赤点。
それでも味がよければ問題なし。




味もこれでは不満は募る一方。


おからがかりんとうになりました

ほうれん草 ゼロ
甘さ ★★★☆
食べやすさ ★★★★
噛みごたえ ★
満足度 ☆



スイーツブログランキング
FC2 おやつスイーツランキング
>>続きを読む
北海道土産 | Comments(0)
 | HOME | Next »