【おいしいアンケート】
お菓子ジャンル別
お菓子な新着レポ
毎日チェック
お菓子なあなたへ
お菓子な履歴
お菓子な娘

お菓子な娘

Author:お菓子な娘
周りが言うには『天然系少女』

お菓子を探す
RSSリンクの表示
QRコード
QR
【期間限定】ブルボン プチ ソース焼きそばせん

 FC2 おやつスイーツランキング
127-DSC_4240.jpg

【期間限定】プチ ソース焼きそばせん
(ブルボン)
77円

【大集合】ブルボン プチシリーズ

「ソースと青のりの風味が香るおいしさ」

「夏祭りなどでの出店の“焼きそば”をイメージした口溶けの良いスナックタイプのおせんべいです。
当社独自の製法でカリッと香ばしく焼きあげ、
ソースと青のりの香りで仕上げました。」(プレスリリースより引用)

<1袋(38g)当たり>
カロリー168kcal たんぱく質0.5g 脂質4.2g 炭水化物32.1g
焼菓子


2014年7月1日、夏をイメージした新味として、
"プチうす焼オニオンコンソメ味"と一緒に登場。
どうか「今さら?」なんて思わないで。
焼きそばは春夏秋冬、いつ食べてもおいしいでしょう。

ただの青のり香るソース味で、特に焼きそばではないことが多い焼きそば味。
今回もそうだろうという予想のほとんどは当たるけど、
味が外れることも少ないので、比較的安心して手を出せる。

128-DSC_4241.jpg

袋を開ければほんのり香るソース。

129-DSC_4242.jpg

ソース焼きそば味をイメージさせてほしいでん粉せんべいが66枚。

132-DSC_4245.jpg

表はこんがりソース色。

135-DSC_4248.jpg

裏は青のりチラホラ。

130-DSC_4243.jpg

食べれば目で見た通り、結構しっかりソース味。
そこに香る青のりが、ほんのりながら良い仕事ぶり。

131-DSC_4244.jpg

何より焼きそばらしさに貢献するのは、意外にもでん粉製の生地。
でん粉の風味が麺を思わせ、焼きそばをイメージさせてくれる。

133-DSC_4246.jpg

いつもならソースの味を楽しめても、
焼きそばは思い浮かばずに終わりがち。
でもこれは青のり香るただのソース味じゃない。
確かにソース焼きそばだと思える。

137-DSC_4250.jpg

それから思いがけないカリカリ感もかなり高ポイント。

136-DSC_4249.jpg

プチシリーズの他のでん粉せんより生地が少し厚めで、
ちょっとした噛みごたえがものすごく嬉しい。

134-DSC_4247.jpg

コーンポタージュせんなども濃い目の味は大好きだけど、
堅いもの好きの自分にはサクサクな軽さが淋しかった。
味でも食感でも満足させてくれたのは、これが初めてかも。

横手やきそば風 柿の種
【関西限定】ベビースター鶴橋風月焼そば味
おやつカンパニー ベビースター焼そば

ソース味 ★★★
青のり風味 ★★☆
焼きそば度 ★★★☆
食感 ★★★
満足度 ★★★
スイーツブログランキング
FC2 おやつスイーツランキング
>>続きを読む
米菓・煎餅・豆菓子 | 【2015-12-31(Thu) 14:15:44】 | Trackback(-) | Comments:(0)
【北海道産】かぼちゃ 雪化粧

 FC2 おやつスイーツランキング
011-DSC_4126.jpg

【北海道産】かぼちゃ 雪化粧

かぼちゃ煮 こだわりのほっくり食感。

<100g当たり>(西洋かぼちゃの栄養成分)
カロリー91kcal たんぱく質1.9g 脂質0.3g 炭水化物20.6g


雪化粧かぼちゃの特徴は、
「ごく強い粉質(ホクホク)で甘みが強く、食味はとてもすぐれている」
「貯蔵性がよく、3か月たってもおいしい」
「真っ白な外見と黄色の身が対照的で甘くて最高」
「粉質で果肉は淡い黄色、茹でると鮮やかな黄色になる」
「ホクホク甘く、一度食べるとやめられないと評判で、ここ数年かなりの人気」
「皮が固く肉厚、粉質が非常に高いでんぷん質が多くホクホク感がある」

012-DSC_4127.jpg

今まではかなり苦労させられても、満身の力を込めれば何とか切れていた。
でも今回はどんなに力を込めても割れる気配がなく、とうとうギブアップ。
力がある大の男の人に頼んでようやく真っ二つ、一人じゃなくてよかった。

013-DSC_4128.jpg

かぼちゃは切るときの苦労とホクホク感が比例すると信じているので、
期待とワクワク感がどこまでも高まってもうどうしようもない。

014-DSC_4129.jpg

さほど大きくない割にずっしり重く、種とワタを除くと正味1250~1300gほど。

015-DSC_4130.jpg

食べやすい大きさに切ってお皿に並べて塩をまぶし、
ラップをして電子レンジで200gあたり4分半ほど加熱。

017-DSC_4132.jpg

ひと口目から思い浮かんだ言葉は「栗」

強さと品の良さを併せ持つ甘味。
階級の違いさえ感じさせる風味。

018-DSC_4133.jpg

でんぷん質の高さも感動もの。
喉を詰まらせてくれそうなホクホク感。

019-DSC_4134.jpg

そこに感じるのは栗らしさ。
でんぷん質な食感もさることながら、
何よりその甘味と風味が栗を思わせる。

020-DSC_4135.jpg

ホクホク感なら負けていない品種が青皮の中にもある。
だけど栗に近いこの味わいは、白皮ならではのもの。

021-DSC_4136.jpg

青皮かぼちゃの中にも感動した品種はあった。
でもこれはそのどれとも比べものにならない。
同じかぼちゃでも青皮と白皮では全くの別次元。

022-DSC_4137.jpg

その特徴を"栗"という言葉で表すかぼちゃが数知れない中、
まさにその通り!と思える品種は一つもなかった。
雪化粧は名前にも特徴にも「栗」は使われていないのに、
名に栗とついたり「栗らしい」と言われるどの品種より、よっぽど栗。

023-DSC_4138.jpg

甘味の強さ、風味の豊かさ、でんぷん質の高さ。
それに加えてさらに嬉しいのは、日持ちの良さ。
青皮が甘さが増すと同時に水っぽさが出てくる中、
白皮は年が明けてもまだ味・食感ともに健在。

平均的に青皮より高値なのも大いに納得。
場合によっては、値段以上の価値がある。


驚きの甘さをご堪能ください
スイーツブログランキング
FC2 おやつスイーツランキング
フルーツ・ベジタブル | 【2015-12-31(Thu) 12:30:42】 | Trackback(-) | Comments:(0)
【期間限定】カルビー おさつスナック

 FC2 おやつスイーツランキング
138-DSC_4251.jpg

【期間限定】おさつスナック
(カルビー) 97円

カルビーの人気菓子大集合!

「香ばしく焼いた焼きいもと、ほくほくふかしたさつまいもを、
たっぷり練りこんだ「おさつスナック」。
新たに種子島産安納芋が入り、更においしくなりました。」

「さつまいものやさしい味わいと季節感・情緒感が楽しめるスナック。
種子島産安納芋が入ってさらにほっこり美味しくなりました !
さつまいものおいしい季節(秋冬)だけの期間限定発売。」(HPより引用)

<1袋(60g)当たり>
カロリー316kcal たんぱく質2.6g 脂質17.4g 糖質36.1g 食物繊維2.2g
スナック菓子


ただでさえ、おさつ感たっぷりなおさつスナック。
2015年は安納芋による更なるおいしさを期待!

139-DSC_4252.jpg

蒸しさつまいも中に種子島産安納芋を34%使用したおさつスナックが、
いつにも増して崩れが激しく正確じゃないけど大体110~120枚ほど。

140-DSC_4253.jpg

いつも通りのおさつ感。
"焼き"も"蒸し"もわからないけど、さつまいもは確かにたっぷり。

さらに程よい塩気が甘味と絶妙に合わさり、
さつまいもの風味も一段と引き立ててくれる。

141-DSC_4254.jpg

焼いた香ばしさがなくても、さつまいもは十分な濃さ。
さつまいもは焼くに限るんじゃなければ、きっと文句なし。

142-DSC_4255.jpg

食感はほっこりではなく、軽くてふんわり。
いつものことながら、次から次へと手が進む。

143-DSC_4256.jpg

蒸したほくほく感は全くなく、おさつスナックならではのサクサク感。
この軽さは承知の上なので、堅いもの好きの自分にもガッカリ感はなし。

144-DSC_4257.jpg

文句はないけどガッカリなのは、実感できない安納芋練りこみ効果。
食べ比べれば違いがわかるかもしれないけど、
安納芋無しのおさつスナックは手に入らず。

145-DSC_4258.jpg

いつもと変わらない仕上がりに満足したいところだけど、
これだけアピールされてる安納芋を感じられないことが残念。

146-DSC_4259.jpg

食べてる間はあまり気にならないのが、後に油っこさが少し残る。
今度はそのままのおいしさで、油カットのおさつスナックを希望。

ガリガリ&素材派はこちら。
UHA味覚糖 おさつどきっ プレーン味
UHA味覚糖 おさつどきっ 塩バター味


熊本のお芋 de おいもぽっくる

おさつ感 ★★★★
サクサク感 ★★★☆
安納芋感 ☆
満足度 ★★★
スイーツブログランキング
FC2 おやつスイーツランキング
>>続きを読む
スナック菓子 | 【2015-12-30(Wed) 15:46:48】 | Trackback(-) | Comments:(0)
次のページ