2016/03/16.Wed

日清食品 麺職人 香るしじみだし醤油


 FC2 おやつスイーツランキング
137-DSC_4598.jpg

麺職人 香るしじみだし醤油
(日清食品) 73円

喜多方ラーメンあじ庵食堂 しじみ潮だし

「しじみ70個分のオルニチンが入った暑い季節にピッタリの上品な一杯! 」(プレスリリースより引用)

<1食(89g(めん65g)当たり)>
カロリー271kcal たんぱく質8.9g 脂質2.8g 炭水化物52.7g
(めん・かやく…249kcal、スープ…22kcal)
即席カップめん


カップ麺は生麺より油揚げ麺が好きで、あっさりよりこってり派。
求めるのはスタンダードなおいしさよりどこか変わったおもしろさ。
これはそんな自分の好みと麺もスープも正反対だけど、
価格とカロリーの低さに惹かれ、「しじみだし」に期待してみた。

139-DSC_4600.jpg

“まるで生めん”の中細ストレート麺。

138-DSC_4599.jpg

別添えのかやくは先入れ、液体スープは後入れ。
横着して液体スープも先に入れてしまうと、
麺がほぐれなくなるようなので要注意。

141-DSC_4602.jpg

麺の上にかやくをあけ、内側の線まで熱湯を注ぎ(目安410ml)、
後入れスープをフタの上において温めながら待つこと4分。

142-DSC_4603.jpg

液体スープを入れる前はかやくが浮かぶ透明なスープ。
めんを軽くほぐしてから液体スープを加え、よくかき混ぜて頂きます。

143-DSC_4604.jpg

あっさりスープにしっかりしじみ。
間違いなく、しじみだし醤油味。

144-DSC_4605.jpg

しじみのだしがよく出てはいても、どこまでもあくまでもあっさり。
アクセントになるようなものはないけど、しじみの香りが思った以上。

145-DSC_4606.jpg

しじみだしと一緒に、しょうゆも強め。
しょっぱさを埋めるためにどれだけお湯を足したかしれない。
それでもえらいことに、しじみだしは薄まらない。

ちなみに今回しじみ70個分含まれたオルニチンには、
肝臓をサポートする役割があって二日酔いにも効くようですよ。

146-DSC_4607.jpg

生めんの中では自分好みの中細ストレート麺。
3層効果はわからないけれど、確かにしなやか。

麺は堅めが好きなのに食べるのが遅いので、
カップ麺は待ち時間を表示より短くするのが常。
今回は2分で食べ始めると最初は戻りきっていなかったものの、
自分好みの堅さになるまではほんの2分程度。

147-DSC_4608.jpg

次第に柔らかくなりながらも10分ほどはそれなりに食感を楽しめた。
10分もあれば食べ終われるという人には残念な麺と出会わずに済みそう。
食べる速さも麺の好みの堅さも標準な人には表示通り4分で良いかと。

148-DSC_4609.jpg

かやくはメンマ、ナルト、ネギ、ワカメの4種。
量が少ない具の中で、ナルトがなかなかのインパクト。

149-DSC_4610.jpg

具が少ないせいか見た目の淋しさは否めないものの、
よく出たしじみだしが物足りなさを感じさせない。
…と言いたいところだけど、香りを楽しみながらも
あっさりさにつまらなさを感じる自分がいたり。

150-DSC_4611.jpg

何よりノンフライのメリットはフライ麺より断然低いカロリー。
麺量65gだとフライ麺ならどんなに低くても300kcal台にはなるところが、
揚げていないだけあって200kcal台後半で済むのは素晴らしい。
でもボリューム感はノンフライの方があっても、
自分には満足感はフライ麺の方が大きい。

なんだかんだ言いつつも、とりあえずしっかり効いたしじみだしと、
結構長い間食感を保ってくれた生めん中細ストレート麺には文句なし。


餅状の生地をこね上げた手打ちに近い黄金麺!
青森しじみラーメン

しじみだし ★★★☆
生めん ★★★
満足度 ★★★

スイーツブログランキング
FC2 おやつスイーツランキング


◆原材料
めん(小麦粉、食塩、植物油脂、卵粉、醤油、チキンエキス、大豆食物繊維)、スープ(醤油、チキンエキス、たん白加水分解物、食塩、糖類、しじみエキス、鶏脂、香辛料、植物油脂、香味油、オルニチン、魚介調味油)、かやく(味付メンマ、ナルト、ねぎ、わかめ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、酒精、炭酸Ca、増粘多糖類、カラメル色素、乳化剤、グリセリン、香料、マリーゴールド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、クチナシ色素、香辛料抽出物、ベニコウジ色素、(原材料の一部に乳成分、豚肉を含む)
関連記事
カップ麺 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示