2017/07/06.Thu

三幸製菓 雪の宿 サラダ


 FC2 おやつスイーツランキング
120-DSC_8570.jpg

雪の宿 サラダ
(三幸製菓) 159円

三幸製菓 一覧

「おかげさまでロングセラー。
北海道生クリーム使用の砂糖蜜のマイルドな甘さとおせんべいの塩味が
絶妙なハーモニー!」(HPより引用)

<100g当たり>
カロリー460kcal たんぱく質4.6g 脂質15.4g 炭水化物75.7g
<1個包装(2枚)当たり>
カロリー62kcal
米菓


たびたび栄養値がさりげなく変わる雪の宿。
原材料も内容はほぼ同じで表記順が一つ二つ行ったり来たり。
たとえロングセラーでも現状に甘んじない姿勢は尊敬するけど、
もうこれ以上良くならなくていい…というより、
これをどうにかしてほしくない、今のままでいてほしい。

121-DSC_8570.jpg

1個包装2枚×12袋で、1袋全24枚。

122-DSC_8571.jpg

甘さとしょっぱさ。
ミルク味とサラダ味。

ミルクの甘味とサラダの塩味。
甘じょっぱいミルクサラダ味。

どんなに味わっても浮かぶのは同じ言葉。
どんなに考えても思いつくのは似た表現。
何をどう変えても言いたいのは同じこと。

123-DSC_8572.jpg

甘くてしょっぱい
もうそれに尽きる。

…と言おうとしたら、
それだけで終わらなかった。

125-DSC_8574.jpg

さらに加わる生地の香ばしさ。
お米の風味がゆっくりふんわり。

124-DSC_8573.jpg

雪の宿といえば表面の白くて甘い砂糖蜜に注目したくなるけど、
それは程よい塩気と香ばしさがあるからこそ生きるのだと言いたい。

126-DSC_8575.jpg

ミルクの甘味、生地の塩気、お米の風味。
甘くてしょっぱいものは他にもあるけど、
この香ばしい甘じょっぱさは雪の宿だけ。

128-DSC_8577.jpg

生地はソフトながら、軽すぎない噛みごたえ。
程よいサクサク感に白いジョリジョリ感が素敵。

129-DSC_8578.jpg

雪の宿は開封して数日おいた食感の方が好き。
湿気たまではいかず、その一歩手前のような…。
完全に湿気てしまうと残念で、目安は一週間ほど。
食べ頃の見極めが難しい…なんていうのはきっと自分だけ。

127-DSC_8576.jpg

魅力が尽きない雪の宿。
食べるほど好きになるとは言わないけど、
食べるたび好きだとしみじみ感じる。

こんな雪の宿も!

三幸製菓 熟成サラダ
三幸製菓 ミニサラダ


なんとこちらは一面に!
喜八あまから煎餅

甘じょっぱさ ★★★☆
食感 ★★★
リピ度 ★★★★★
満足度 ★★★★

スイーツブログランキング
FC2 おやつスイーツランキング


◆原材料
米(米国産、日本産、その他)、砂糖、植物油脂、食塩、脱脂粉乳、乳糖果糖オリゴ糖、ゼラチン、乳糖、たんぱく加水分解物(大豆を含む)、生クリーム、脱脂濃縮乳、加糖練乳、粉末しょうゆ(大豆・小麦を含む)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、植物レシチン(大豆由来)
関連記事
米菓・煎餅・豆菓子 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示